2007年07月14日

毛穴をメンテナンスする

毛穴のしっかりケア法を体得すると後々安心だ。毛穴が開くもうひとつの大きな理由として、加齢によるものがある。残念ながら。さらに深刻で、加齢によってコラーゲン(肌の細胞を繋ぎ、支えている成分)が減少するために、皮膚が緩んで毛穴が開いて見える状況だ。そしてさらに、ここにタルミが加わると、“イチゴ毛穴(毛穴が縦長に伸びた状態)”や“ミカン毛穴(ミカンの皮のように大きく毛穴が開いた状態) “と呼ばれる状態になってしまうのだ。

皮脂分泌で開く毛穴がある。毛穴とは、皮脂の分泌が行われる表皮の穴のことをさす。人の皮膚は、この皮脂によって表面を覆われることで水分を保っている。ただし、夏場などの汗をかきやすい季節には、皮脂分泌量が過剰になると、普段は引き締まっている毛穴がだんだん開いていくのだ。もちろん寒い冬場には、開いている毛穴も引き締まりますが、これを繰り返していくうちに毛穴が常時開きっぱなしになり、元に戻らなくなるケースもある。

毛穴はなるべく隠したいものだ。キーワードは角栓・角質である。毛穴吸引が自宅でできるマシンなども発売されている。毛穴のサプリメントなどもあるようだが、良く選んで品質の確かなモノを購入したい。頬の毛穴や足の毛穴もケアが必要だ。毛穴専用の化粧品・薬なども重宝する。

黒ずみのゆくえを追ってみる。黒ずみはどうして出てきてしまうのか。毛穴に溜まった角栓はその後、空気にふれて酸化する。すると活性酸素が発生してお肌の細胞を痛めてしまうのである。お肌の細胞はそれを防御するためにメラニン色素を分泌する。そのため毛穴の周りなどが黒ずんでしまうわけだ。
posted by 毛穴 at 14:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。